セガのハード機メガドライブが復活するの?もしかしたらセガサターンも?

昨日から各方面のニュースでセガのハード機メガドライブが復活するという話が出てきている。あちこちで情報がまちまちなので、一旦まとめてみようかと思います。まずは、簡単にメガドライブの説明から。

セガのハード機、メガドライブとは?

メガドライブ(MEGA DRIVE)は、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が1988年10月29日に日本で発売した16ビットの家庭用ゲーム機である。メーカー希望小売価格は21,000円。米国・カナダではジェネシス(GENESIS)という名称で1989年に、ヨーロッパ・フランス・スペイン等の欧州地域やブラジルなどの南米地域では日本と同じ名称で1990年に発売された。

◎仕様
・CPU(MPU)
メインCPU:MC68000(7.67MHz)
サブCPU:(サウンド処理・外部通信の制御):Z80A(3.58MHz)

・RAM
メインメモリ(68000用):64kB
サブメモリ(Z80用):8kB

・VRAM:デュアルポートDRAM 64kB(32kB×2)
同時発色数:512色[10]中64色(16色×4パレット[11])

◎接続端子
・コントロール端子:2ポート
・A/V出力端子:1ポート
・ACアダプタ端子:1ポート
・ヘッドホン端子(初期モデルのみ):1ポート

◎コントロールパッド
デザインは手にフィットすることを念頭に曲線主体で「手にすっぽり収まる形」としたエルゴノミクスデザインを意識したパッド。トリガーボタンもこれに合わせて斜めに配置された。

メガドライブに関する現段階での情報

現セガの会社としての公式発表では『家庭用ゲーム機への再びの参入はない』としているものの、過去の資産を活かして~というところの話は出てきている模様。この件もいずれ具体化するんじゃなかろうかなと。

もしかしたら、

ひとまず情報発信をしてみて、『その反応や動向を踏まえた上で、これから正式に企画化していく』という事も考えられる。何と言うか、各メディアからの発表・情報・内容が妙にバラバラなので、セガが探りを入れる目的でやったんじゃないかと思えてならない。

海外版のジェネシスを日本に逆輸入するとか、

任天堂のようにミニファミコンみたいにして売り出すとか、

何とも言えない感じのちぐはぐさ加減で。

メガドライブの話がもしこれから、

決まっていくということであれば、ちょっと前に展開してい『セガハードガールズ』が復活するのかなということも期待できるような気がする。

当時のアニメでは『メガドライブ・サターン・ドリームキャストの3人(3機種)』がメインで、他にも何人何人かハード機を擬人化したキャラクターが出てきていたので広げていける材料は持っていると思うけど。

何しろこのアニメが出た当時は、コンシューマーゲーム機自体が縮小しているとゆうか、スマホアプリゲームの勢いに負けそうな雰囲気が漂い始めていた頃なので、セガサターンやドリームキャストはおろかソニーのプレステ系であってもいまいち元気がなかった。

そんな頃よくこんなハード擬人化アニメを出したなと今考えると思わざるを得ない。

ちなみに当時のアニメでメガドライブを演じていたのは井澤詩織で、

ガルパンの風紀委員3人組とかヘボットなどこのくらいの時期からちょこちょこいろんな役を取り始めてきてたような感じだったかなと。個人的なイメージとしては足のラインが綺麗なメイク美人さんという雰囲気で写真写りの具合がグラビアアイドルとか美人の声優さんとかって言うよりもなんとなくコスプレイヤーに近い雰囲気を漂わせているのが印象的。。。。

そしてメガドライブを復活させるんであれば、

この際セガサターンも一緒に出して欲しいなとセガサターンの方がソフトも多いし幅が広がるような気もするし何よりも、もし「セガサターンミニとかで白」だったら「せがた三四郎ミニ」何ていうものも CM とか出来たりするんじゃないかなと思ってちょっと期待していたりする。( ´∀` )

なんにしてももう少し情報を待たないと。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする