クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」のいたアイドル声優ユニットとは?

先日の「クレヨンしんちゃん声優『矢島晶子さん』しんちゃん役降板』発表からしばらくして、新たなしんちゃん役声優『小林由美子さん』の話がネットや Twitter 上で出てきております。

ですが、

彼女がかつてアイドル声優ユニット(当時はそういう呼び方はありませんでしたが)に在籍して「リーダーを務めていた」ことをご存知でしょうか?

クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」は、少年役では非常にしっかりとした実績のある声優さんなのは他でもその話は多いかと思いますので、

今回は、その声優ユニット『Prits(プリッツ)』に絞って話をしたいと思います。

クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」のいたアイドル声優ユニット『Prits(プリッツ)』とは?

Prits(プリッツ)は(以下、敬称略)、桑谷夏子、望月久代、小林由美子、水樹奈々による声優ユニット。アニメ『シスター・プリンセス』から誕生した声優ユニット。

特に、メンバーの仲の良さは有名であった

Prits(プリッツ)プロフィール

  • 出身地   日本
  • ジャンル  J-POP(アニメソング)
  • 活動期間  2001年 – 2002年、2009年 – 2010年
  • レーベル  スターチャイルド
  • メンバー
    桑谷夏子(くわたに なつこ、1978年8月8日 – )
    望月久代(もちづき ひさよ、1978年4月27日 – )
    小林由美子(こばやし ゆみこ、1979年6月18日 – )
    水樹奈々(みずき なな、1980年1月21日 – )

『Prits(プリッツ)』の経歴

『東京ゲームショウ2001秋』の2日目(2001年10月13日開催)のメディアワークス主催イベント、ラジオ番組『シスター・プリンセス〜お兄ちゃんといっしょ』公開録音(パーソナリティ:桑谷夏子、望月久代/文化放送)にてユニットの結成が正式発表された。

このステージイベントでは、

ユニット名である“Prits(プリッツ)”の由来を、『シスター・プリンセス』の呼び名でもある「シスプリ」の“プリ”から名付けられたというエピソードがメンバーより紹介された。

また、ステージイベントの最後に行われたミニライブでは、

Pritsのメンバーにより『シスター・プリンセス』の楽曲のひとつである『乙女心は万華鏡 -kaleidoscope-』の特別バージョンが披露されている。

Pritsはその後、

2002年1月1日に3か月連続リリースの第1弾として発売されたマキシシングル『Sakura Revolution』でCDデビューを果たしている。

『Prits(プリッツ)』のライブ活動

2002年春に開催された『STARCHILD FESTIVAL 2002 春』が初めて。その時、ユニット活動の感想を各自は次のように述べている。

桑谷「エクセレントです」、

水樹「エレガントです」、

小林「スイートです」、

望月「ビューティフルです」。

2002年のクリスマスに唯一のアルバム『cherry blossom』の発売を最後に活動は行われておらず、事実上の解散状態となっている。

ただし現在でも4人の仲はよく、小林の結婚式には全員出席して祝った。

2010年1月13日に水樹奈々リリースのシングル『PHANTOM MINDS』のカップリング曲『Song Communication』で、

バックグラウンドコーラスを桑谷、望月、小林が務めることとなり、久々の『Prits』再結集となった。

2010年3月14日の水樹奈々ライブ「NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010」神奈川公演(横浜アリーナ2days)の両日のアンコールにて、

Song Communication』の途中に桑谷、望月、小林3人がサプライズゲストとして登場、コーラス参加。

続いて、

4人でPritsとして『Sakura Revolution』を歌唱した。

ちなみに近年では、

この『2010年に横浜アリーナ2Daysで行われた水樹奈々ライブ』ですが、当時リリカルなのは(水樹奈々は「フェイト役」)が全盛期だったということもあり、水樹奈々ファンの知り合いからチケットをもらって一緒に見に行っていたんだよね。

あの頃の水樹奈々の勢いは本当に凄くて、他の声優がイチオシの人でも『水樹奈々のライブはみんな行く』みたいな空気もかなりありました。

今回の『矢島晶子の次のしんちゃん役声優、小林由美子』の名前が出てきた時、

なんか妙に懐かしい名前を聞いたなあ~と思ってちょっと思い出さがしをしていたら、このステージの事をふと思い出しました。

このライブですらもう8年前になってるんですね。

時の流れを感じてしまいます( ´∀` )。

「KING SUPER LIVE 2018」 9月24日(月祝)東京公演にて『Prits(プリッツ)』が

出演決まったそうです。Σ(・ω・ノ)ノ!

公式HPでは、こんな解説ついてました。

  • PROFILE
    00年代アニメーションを席捲した萌アニメの金字塔「シスター・プリンセス」から飛び出した伝説のユニット。
    12人の妹のうち、「可憐役:桑谷夏子」「花穂役:望月久代」「衛役:小林由美子」「亞里亞役:水樹奈々」の4人によるユニットであり、3か月連続シングルリリースでデビューを飾る。
  • RELEASE
    2002年1月1日1stシングル「Sakura Revolution」
    2002年2月1日2ndシングル「告白〝決めてよ!”」
    2002年3月1日3rdシングル「Private Emotion」
    2002年12月25日アルバム「cherry blossom」

ある意味伝説上のアイドル声優ユニットなので、SNS上では色々な感想が飛び交っていましたね。例えば、アイマス声優の松崎麗とかは大喜びしていたそうです。

『Prits(プリッツ)』のリーダーは、小林由美子さん?

ラジオ番組『シスター・プリンセス お兄ちゃんといっしょ』内のミニ番組『Pritsのミニプリ』においてメンバー役割がこんな感じで出てました。

小林は「班長」、

桑谷は「副班長」、

水樹は「書記」、

望月は「会計」。

また、

Pritsのリーダーは、小林!となってました。

クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」のいたアイドル声優ユニット『Prits(プリッツ)』の楽曲

  • マキシシングル
    Sakura Revolution(2002年1月1日発売/スターチャイルド)
    Sakura Revolution/小さな手/Love states 〜ラヴ ステイツ〜/Sakura Revolution(instrumental)/小さな手(instrumental)/Love states 〜ラヴ ステイツ〜(instrumental)
    告白“決めてよ!”(2002年2月1日発売/スターチャイルド)
    告白“決めてよ!”/Frozen Lover/Party DE Bon Appetit!/告白“決めてよ!”(instrumental)/Frozen Lover(instrumental)/Party DE Bon Appetit!(instrumental)
    Private Emotion(2002年3月1日発売/スターチャイルド)
    Private Emotion/ダイスキ!!/Love & Peace/Private Emotion(instrumental)/ダイスキ!!(instrumental)/Love & Peace(instrumental)
  • アルバム
    cherry blossom(2002年12月25日発売/スターチャイルド)
    Sakura Explosion 〜桜楽章〜/Sakura Revolution/Love MAX/ダイスキ!!/Frozen Lover/1・2・3/願い/Love States 〜ラヴ ステイツ〜/幸せのオブジェ/Love & Peace/GAMBAらなくちゃね 〜Prits Emotion〜/Powder White

クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」のいたアイドル声優ユニット『Prits(プリッツ)』のライブ・イベント活動

  • ステージ
    STARCHILD FESTIVAL 2002 春(2002年3月31日開催/パシフィコ横浜国立大ホール)
  • ラジオ
    シスター・プリンセス〜お兄ちゃんといっしょ内ミニ番組『Pritsのミニプリ』(文化放送他)
    電撃G’sラジオ『Pritsのクリスマススペシャル』(2002年12月22日放送/文化放送)
  • テレビ
    アニメ声優でおめでとう(2002年1月3日放送/テレビ東京)
  • 書籍・雑誌
    hm3 (vol.23/音楽専科社)
    hm3 SPECIAL(vol.1、vol.5/音楽専科社)
    VOiCE ANIMAGE(vol.40/徳間書店)
    VOICE NEWTYPE(vol.3/角川書店)
    声優グランプリ (2002年2月、3月、4月号/主婦の友社)

クレヨンしんちゃん新声優「小林由美子さん」のいたアイドル声優ユニット『Prits(プリッツ)』のまとめ

上記の文中でも書きましたが『ユニット解散してから結構な年数』が経過していますが、

元メンバーの結婚式に出席したり、

ソロライブでメンバーを再集結させて当時の歌を歌ったり、

など、

現在においても『各自がそれぞれ活躍しているからこそ、魅力的に思えるエピソード』のあるユニットですよね。

今回クレヨンしんちゃんで、

新たにしんちゃん役になった小林由美子さんと他のメンバーが声優として共演とか、もしくは新しい役でキャスティングされてきたら、ちょっと注目して見てみたいと思います。

新しいクレヨンしんちゃん(CV:小林由美子)2018年7月6日金曜日、感想とかネットTwitter等の反応

賛否両論はあるものの当初予想よりは良い感じ。矢島さん版しんちゃんに近い感じで演じていたようで、個人的にも違和感はあまりない。

あと2~3ヶ月はしないと完全には慣れないが、前の人が26年間もやってきた役なので、これで馴染んだら割と早いと思う。

このキャスティングはアリ! というのが現時点での感想。

ネットやSNS、Twitter上の反応

サザエさんの声優交代に比べると好意的な印象が多め。当然ながら、こんなの「しんちゃん」じゃない等の意見はあるものの、

『小林由美子さんだからNG』という意見は見られなかった。

※この日の放送時の「しんちゃんの服装が原作第一巻に似てる」という話もチラホラあって、制作側も今回の声優交代を意識して工夫をしているようだ。

もう少し時間は必要かもしれませんね。

今回はこんな感じで。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする