ゲゲゲの鬼太郎6期の犬山まなはかわいい、声優の藤井ゆきよさんは美人!身長は?

刑部だぬきの呪いで獣耳少女になりそうなのを回避されたと思いきや、次回以降も更にトラブルに巻き込まれそうな展開になりそう。。。。

途中で「犬山まな」の出ない話もいくつかあったので、

そんなにメインヒロイン扱いにはならないのかな?と思っていたら、ここから本格的に展開しそうな気配なので今のうちに「犬山まな」というヒロインについて、中の人(声優)の話も含めてちょっとまとめておこうと思います。

これできっと次回以降の話がさらに楽しくなるはず。

それでは行ってみましょう。

ゲゲゲの鬼太郎6期の「犬山まな」はかわいい

第6期オリジナルキャラクターの人間で、中学校一年生の女の子。人一倍好奇心が強く、人間とは別の世界に暮らす鬼太郎たちに魅かれていく。

当初は、

妖怪の事は単なる伝説程度にしか信じておらず『妖怪の姿を見る事も殆どできなかった』が、のびあがりから鬼太郎が庇ってくれた事がきっかけで、はっきりと妖怪の存在を信じられるようになり、もっと理解したいと心底願い始める。

そして、完全に妖怪の姿を見たり気配を感じる事ができるようにもなった。

「犬山まな」はヒロインとして、

  • 妖怪側の『猫娘』に対する人間側なので姓が『犬山』となっている。
  • 彼女のちょこんと突き出たおさげは、犬のしっぽがイメージされている。
  • 歴代人間ヒロインの中でも、行動力と頭の回転の速さは抜群。
  • 自分よりも他の人質の救出を優先させることを望むなど誠実で優しい少女

たんたん坊に捕われ妖怪城の人柱にされる寸前、

猫娘のスマホに送ったメッセージにも「関わるな」という鬼太郎の忠告を無視したことに対する謝罪をしつつ「みんなを助けて欲しい」と、自分よりも他の人質の救出を優先させることを望むなど誠実で優しい少女でもある。

12話では刑部狸の策略で狸化しても、

猫娘の声援と鬼太郎を助けたい思いから、呪いの支配に抵抗する精神力を見せた。また、狸の支配を受けていた蒼馬兄に侮辱を受けていたが、事件の終結後はこだわることなく、いつも通りに振る舞う。

14話「まくら返しと幻の夢」(2018年7月1日)では新たな一面も

この話では、犬山まなの新たな一面が観られました。

実に表情・言葉巧みに妖怪「まくら返し」をたきつけ、この表情(笑)

なかなかの策士でしたね♪

2018年12月16日のアニエスのメイン回では・・・

つい興味湧くと、、、、あぶない指輪だとわかっているのに( ^ω^)・・・。

身につけて自らピンチを招きつつも、事態にはそれなりにしっかりと対応するという。。。

この辺、アニエスとの関係性や性格の違いが出ていて面白いかと思います。

何といっても「かわいい」見た目なので、

天童ユメコ同様に、「一反木綿」や「鏡じじい」といった女好きな妖怪から気に入られ、お礼を言った際の優しい笑顔に「ぬりかべま」で惚れてしまった。

危ういところを助けたねずみ男からも、一時的に好意を寄せられた。

ただしユメコと異なり、まなには自分が美少女だという意識は薄いらしく、男妖怪たちから変に好かれる理由が何なのかはイマイチ分かっていない。。。。

両親と住居
母親の名前は犬山純子(CV:皆口裕子)。会社員らしく共働き夫婦(仕事都合の出張で不在な日もある)。父親は犬山裕一(CV:高塚正也) まじめな性格で、5万人も収容可能なドーム建設に関わっていることから大手の建設会社か設計事務所にてある程度以上の地位にいると思われるが、自宅のモニター横にパスワードをメモしているなどセキュリティがザルで、猫娘が呆れていた。

偶然力(ぐうぜんぢから)

元々天然的で少々ドジな面が見られたが、実は時に『偶然力』ともなっていた事が判明した。 以下、強烈に発揮された顕著な例を挙げてみた。

  • 当初は妖怪の存在について半信半疑だった(日本に伝わる昔話程度には認知していたものの、21世紀の時代背景から実在を疑っていた)が、お隣の裕太が虐められているのを見かねて半ばダメもとでネット上にて「妖怪ポスト」の場所を質問した際に、偶然スマホを使っていた猫娘の目にとまり即答をもらえた。
  • 敵の妖怪に掴まった鬼太郎を案じて駆け寄った際、空き瓶を踏んで転んでしまうと、その踏んだ空き瓶から偶然が重なった予想外のハプニングにより相手へダメージを与え、その妖怪の弱点を鬼太郎に知らせる形にもなった。
  • 事件現場のドームの入り口がすべて塞がれて途方に暮れる鬼太郎達に、非常口が記載されている父親の会社の設計図データを手に駆けつける。
  • 見学したスタジアムが妖怪の城と見抜いて再度潜入、ギリギリで詳細を猫娘に送信完了でき、猫娘が電話した時は戦っていた鬼太郎の真下に捕らわれていた。
    敵妖怪軍団の要となる石を壊した際に、右手に要石の力が宿って最終決戦の決め手になった。

このように、

彼女の行動が思わぬ助けになる事があり、目玉おやじは「なんという『偶然力』じゃ」と呼んで絶賛している。

『偶然力』とは自然の本能的な力であり、

とりわけ目に見えない存在を信じる者へは明確に備わるようであるが、目玉おやじの言及からして、まなは並の人間よりも力や頻度が強いらしく、彼女自身も無自覚なまま潜在している妖怪に近い特殊能力の如く示唆されてもいる。

今の所は関連不明だが、

謎の男『名無し』から『虚ろな器』とか呼ばれて何らかの理由で狙われており、12話にて右手に『木』の印を密かに刻まれたが、現時点で本人と鬼太郎達は気付いていない。

犬山まなの「かわいい」ファッション

OP/EDに登場する碧色スカートの制服が基本だが、服装のレパートリーがきわめて多彩で、どれも小綺麗に着こなしている(アニメシリーズでは「同じ色の服を着せ続ける」などして省力化&キャラクター付けを図ることが多い。

  • 猫の模様が付いたTシャツを複数持っている(これは、前作である5期における猫娘の多彩な服装の中にも見られたデザインである)。
  • スマホケースは概ね大仏イメージの個性的なデザインだが、骨付き肉マークのケースも使っている。
  • 弁当箱も女子中学生らしからぬ奇抜なデザインであるなど、そのセンスは独特である。

犬山まなに対するネット上などの評価

番組開始前の公式発表時こそ、一部のファンから「3期の天童ユメコの二番煎じ」的な危惧も抱かれた。が、実際に放送開始されるや、明るく元気で爽やかなキャラクターである事と、その活躍により視聴者から大好評といっていい高い評価が寄せられるようになった。新規ファンの獲得のみならず、3~4期以前の古参ファンの鬼太郎熱を再燃させる原動力の一つとなっている。

「犬山まな」、「猫娘」「トイレの花子さん」で、

ゲゲゲの鬼太郎6期は タイプ別にヒロインが揃った ですね( ´∀` )。

以下、声優「藤井ゆきよさん」についてもう少し詳しくいってみたいと思います。

ゲゲゲの鬼太郎6期の犬山まなの声優「藤井ゆきよさん」は美人です!

藤井 ゆきよ(ふじい ゆきよ)プロフィール

  • 性別    女性
  • 出生地     日本・神奈川県
  • 生年月日  1985年5月8日(33歳)
  • 血液型     O型
  • 職業        声優、女優
  • 事務所     青二プロダクション
  • 声優活動  2007年~
  • ジャンル  アニメ、ゲーム、吹き替え女優活動

1985年5月8日生まれ。神奈川県出身。照明技師照明技術技能検定2級)

モデル系な見た目とはギャップのある可愛らしい声が特徴。

藤井ゆきよさんの身長は?

モデル経験もある、

169cm』の整ったプロポーション! 

藤井ゆきよさんの体重は?

何と、

体重『44㎏』! 

身長考えたらちょっと痩せすぎ感はある。。。。

脚がキレイとネットでは噂だが、

ネットではこんな画像が出てきましたΣ(・ω・ノ)ノ!

ブーツのヒール高さを加味しても、キレイな脚 は間違いないですね!

Twitterやインスタ等のSNSでは

ここ最近はやはり「ゲゲゲの鬼太郎6期」関係が多め。

どの写真においても共通していえるのは、写真の撮られ方が上手い。

インスタ映えというよりは、モデルとしての経験値を感じさせます。

アイマス声優として藤井ゆきよ

アイドルマスターミリオンライブ!の出演メンバーたちからは、

「ゆき姉」「ゆき姉さん」と呼ばれる。

※85年生まれはミリマス参加声優の中では最年長。

藤井 ゆきよと仲の良い声優

アイマス声優で年下の「麻倉もも(もちょ)」

(一方的に)偏愛している?

「(レッスンの時に見つめて貰えるから)もちょの姿見になりたい」

「もちょに恋してる時間は終わって、愛してるに変わってる」

「もちょとのLINEで楽しかったやつはスクショしてます」

などの迷言を残している他、本人不在の所でも、いつももちょの画像検索をしていることをバラされたりなどしている。。。。

同じくもちょ好きとして知られる原由実の番組に出演した際に、原から「もちょが自分の部屋に来たら」と問われると、

「無理です!無理です!」

「私が一緒に居たらそこの空気を汚してしまうもの」

「私はむしろ隙間から覗かせておいて下さい」「それが私の楽しみ方です」

と力説したとか。。。。。( ´∀` )

※これが理由なのか?

アイドルマスターミリオンライブ!でもちょと共演する機会はあれど、何故か毎回離れた立ち位置にされてしまう。。。。(´;ω;`)

しかし、

ミリオンライブ3周年記念ニコ生でついに隣の席を獲得。その満ち足りた様子が映像で確認された模様。

事務所先輩の「照井春佳」

照井春佳のtwitterアカウントでは、

2人で遊びに行っている様子が頻繁に投稿されている。

「はるかとゆきよのオフレコ!」では自由な二人を思う存分堪能できる。

身長が同じくらい?渡部優衣

アイマス声優でもある渡部優衣とは『藤井・渡部のいっちょかめ!』で共演。

でも、共演とか仲の良い声優というよりは、

『身長』でのネタが多いようです。声優さんなのに『身長』で。。。。

藤井ゆきよ 169cm

渡部優衣  167cm

ちなみに渡部優衣は、特にモデル出身とかではないのですが。。。。

モデルとしての「藤井ゆきよ」

2007年度プリンセスPINKYオーディションファイナリスト

2008年度ミスインターナショナル日本代表選出大会ファイナリスト

という実績がある。(この実績を買われてか、現事務所の先輩でもある野中藍の「声優ゆめ日記」に収録されているカメラマン体験をするコーナーでは、被写体モデルとして出演している)

藤井ゆきよ 主な出演作品

  • アニメ
    サカサマのパテマ(パテマ)
    京騒戯画(みやこい)
    ファンタジスタドール(オルデン)
    FAIRY TAIL(ミリアーナ、カーチャ、ジェミニ、モンモ、ミケリア)
    ハートキャッチプリキュア!(志久ななみ)
    スマイルプリキュア(緑川ひな)
    聖闘士星矢Ω(エマ)
    シドニアの騎士(砲雷長)
    チェインクロニクル 〜ショートアニメ〜(ユリアナ)
    甘城ブリリアントパーク(ラティファ・フルーランザ)
    ログ・ホライズン(てとら)
    魔弾の王と戦姫(レグナス)
    クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(マキ)
    ナノ・インベーダーズ(ミミ)
    ルパン三世(レベッカ・ロッセリーニ)
    最弱無敗の神装機竜《バハムート》(クルルシファー・エインフォルク)
    おしえて! ギャル子ちゃん(クセ太)
    美少女戦士セーラームーンCrystal(土萠ほたる/セーラーサターン)
    Re:ゼロから始める異世界生活(ミミ)
    ヘボット!(ネジ柳ユーコ、他)
    ストライク・ザ・ブラッド(第2期OVAシリーズ)(妃崎霧葉)
    けものフレンズ(アルパカ・スリ)
    魔法陣グルグル(2017)(トマ・パロット)
    citrus(谷口はるみ)
    ゲゲゲの鬼太郎(第6期)(犬山まな)
  • ゲーム
    アイドルマスターミリオンライブ!(所恵美)
    マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス(タチヤーナ・ベルスカイ、レベッカ・リント少佐)
    FAIRY TAIL ゼレフ覚醒(ジェミニ)
    グランブルーファンタジー(バニー)
    グリムノーツ(エイダ)
    グリムノーツ Repage(薔薇の妖精アンファン)
    けものフレンズ(フェネック、カバ、キンシコウ、クジャク、コアラ、シロクジャク、トピ、ピーチパンサー)
    プライベートモデル(初川茜)
    不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ(ネムリ)
    モン娘は〜れむ(翅宮礼凛華、ハミット、クレーネ、セラティ)
    LORD of VERMILION ARENA(アンネローゼ)
    シューティングガール(儚恵理)
    グリムノーツ(エイダ)
    英雄伝説 暁の軌跡(ジリアン・スカイ)
    蒼き革命のヴァルキュリア(ヘレナ・アンデルセン)
    スーパーロボット大戦X-Ω(シズキ・シズカワ)

【まとめ】なぜ藤井ゆきよは人気があるのか?

声優としての実績

主な出演作品を見てもらうとわかりますが、

「ルパン三世のレベッカ役」や「美少女戦士セーラームーンCrystalの土萠ほたる役を務めるなど、声優としての実績を伸ばしている。

今回のゲゲゲの鬼太郎6期では、

野沢雅子さんをはじめとしたレジェンド級ベテラン声優の中に混じっていながらも、その評価はかなり高い感じです。

見た目とのギャップ、キャラ作りの上手さ

「元モデル」

「脚がキレイな169cm長身美人」

「元照明技師」

という部分だけでもかなりのアピール材料になりうるのに、

「結婚」

というキーワードで出てくるのが「麻倉もも」や「照井春佳」。。。。

(ホントに好きなのだと思うが)元モデルの美人声優なのに相手が、

『かわいい女性声優ばかり』出てくるという『オタクの代弁者ですか(笑)』

というキャラ立ち具合・・・( ´∀` )。もし完全に狙ってやっていたら、かなりの強者ですね。ちなみにレベッカ役(ルパン三世)では、結婚してます。

以上、ちょっと長くなりましたが、今日のところはこんな感じです。。。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする