セミリタイアの条件。30代・40代でいくら(資金)なら後悔しない?

先日、冷凍倉庫現場の同僚Sさん(30代後半)と話をしていて

「この冷凍倉庫での仕事と生活はセミリタイヤですよね( ´∀` )?」

というゆる~い感じの会話からから始まり、

「実際にこの仕事はもの凄く寒い(マイナス25℃です!)けど

身体が慣れれば精神的な苦痛は少ないし、アリじゃないかな~」というゆる~い流れで話が続いて

「上手くいけば、このままセミリタイアモードにできるんじゃないかな( ´∀` )?」

というゆる~い思いつきから(お酒は入っていませんww、念のため)。

『セミリタイア』で必要と思うこと

1.貯金があること(最低300万円~)。

2.退職後のある程度の収入源があること。

3.希望する生活スタイルがしっかり描けていること。

上記3点が挙げられます。現時点では私たち2人は上2点は一応はクリアしています。

但し、2人とも40代前後の年齢というありこのまま行くとちょっと足りないのかなーとか、

『いやいや、もうすでにセミリタイア状態じゃないですか~あははww』

とかいう話になってしまいしたね( ´∀` )。

そんなわけで、ちょっとセミリタイアというものについてマジメに考えてみたいと思います。

セミリタイアの定義とは、

定年前に会社を退職し一定の収入を得るために働くものの、労働時間を抑えた働き方をすること。

必要最低限の収入は確保しつつ自由な時間を多く持った生活で、アルバイトや投資・事業などの収入を得る手段を使って生活を行うことです。アーリーリタイアとは異なります。※アーリーリタイアは会社を早期退職し全く仕事をせずに生活すること。

その少なめの労働時間に対する考え方・働き方・収入の方法以外にも、各個人個人の価値観や生活スタイル、望む生き方、そういったものが反映されてきます。

この手の話が出てきた場合、

必要とされる金額・労働時間などに大きな幅(個人差)が出ている傾向があります。

ですので、

あくまでも一つの目安として捉えていただくとともに実際にセミリタイアを検討する場合には、あなたにとって「何が大事なのか?」「あなたの望む生き方はどんなものなのか?」ということをしっかり考えた上で進めていただくことがよろしいかと思います。

例えばですが、

「本当は、チャレンジと達成が喜び」という人生観の人が迂闊にセミリタイアに入ると、最悪の人生になっていまうので。。。

セミリタイアの条件

最低条件としては、先に挙げた3点でしょう。

1.貯金があること(最低300万円~)。

2.退職後もある程度の収入源があること。

3.希望する生活スタイルがしっかり描けていること。

退職時に生活できるだけのお金がない場合、それは単に『仕事を辞めただけの無職』ということに過ぎません。特に結婚している方はパートナーを不幸な目に遭わせることにもなりかねません。

セミリタイアの多くが50代に入ってから早期退職制度を利用したものであることからも、若いうちに退職後の生活に十分なお金を作ることが難しく、

30代・40代で実現できるのは恵まれたケースである と考えられます。

ですので、

アルバイト程度の収入源・副業=『趣味』があれば尚良い?

他の条件としては退職後にも「人間関係」や「生きがい」「やりがい」を持ち続けられるライフワークや趣味などが必要になってくるかと思います。

何もせずに昼から飲酒をするだけゴロゴロ寝るだけというのでは、自由になったとしても生活に張りがなくまた充実とも下がってしまい、虚しい結果となっていまいます。。。。

精神的な支えとしても、用意しておくと良いかもしれませんね( ´∀` )。

セミリタイアには貯金・収入はいくら必要なのか?

一般的な話としては、「夫婦二人で生活をするには月に27万円」で概算で1億円近いお金かかると言われています。これは退職金や年金などその他の収入を全て合計した額です。あとは想定外の出費を考慮すれば、2年分の生活資金(貯金)は最低でも持っておく必要があるでしょう。

副業やアルバイトなどはした方が良いの?

セミリタイア後の収入を何で得るかというのも一つポイントになります。

投資・アルバイト・不動産収入など人によって様々ですが、『月々いくら必要なのか?』が人によって異なるため何よりもまず退職後してセミリタイアに入った時に『どのような生活をしたいのか?』をしっかりプランニングしておく(描いておく)必要があります。

そして、セミリタイアを後悔しないために

念のためおさらいです。

1.現在の貯金(資金)はいくらありますか?

2.セミリタイア後の収入源は何ですか?月いくら稼げますか?

3.セミリタイア後の生活スタイル描けていますか?それはご自身の価値観に合っていますか?

一度きりの人生です。より良い生き方をしたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする