ガンダム新作2018はNT(ナラティブ)と閃光のハサウェイ!クロスボーンは?

ガンダム新作の発表情報を見ようと思ってTwitter開けたら『ハサウェイ』がトレンドキーワードの上位の方に上がっていて「何だこれ?」と思って色々見ていたら、、、

ガンダム新作情報の中に 『ガンダムUCの後を描くNT(ナラティブ)』があって『閃光のハサウェイ』があって『ガンダムUC2(仮)』があったという情報が出てきた。

おいおい、バンダイナムコアーツさん気は確かなのでしょうか?というのが正直な感想だった。

ガンダム新作はNT(ナラティブ)と閃光のハサウェイ・・・・

NT ナラティブはガンダムUCの続編のようなところがあるし、RX-0シリーズ3号機フェネクスが出てくるというあたりでまあ妥当な線だとは思うけど。。。。

『閃光のハサウェイ』は大丈夫なのか?

既に Twitter上でもネット上でもかなりの話題になってるようだけど、あれ原作は相当な問題のはずだけどな。。。。。だいぶ古い原作だからあの当時にガンダムUCを作る前提なんてなかっただろうし、当時としてはそれでよかったんだろうけど。

00(ダブルオー)やW(ウイング)なんか比にならないぐらいのテロリスト物語で、しかもハサウェイは銃殺されちゃうし、ブライトさん含めたノア一家はえらいことになるし、見たいと言えば見たいがこの流れにつなげて大丈夫なのかな??と思えてならない。

ガンダム新作発表会での全体的なプロジェクト構想としては

逆襲のシャア~ ガンダムF91までの間の時代の物語が、『今後開拓していく余地のある領域』だという話になっている模様。だけど何も『閃光のハサウェイ』みたいな話をわざわざ出さなくてもいい気がするんだよ。

それだったらもうちょっとオリジナルで 『ガンダムF91開発前にあたるガンダムF90』とかの話を映像化してくれてもいい気がするし、はっきり言ってクロスボーンガンダムの方が絶対やりやすいと思うんだが、なんでここまでの冒険したがるのかちょっとわかりませぬ・・・。(;・∀・)。
もちろん、スパロボ V に出てきたぐらいの感じで閃光のハサウェイをやってしまうという手もあるけれど、あれハッピーエンドの話にしたら別ものに等しいし、あの形で成立したのはあくまでも『スパロボって言う本編から見たらもしも if の世界の話』だからこそ成立したわけで。

こうなると、どこまで原作に忠実に作ってくれるのか?だんだんワクワクしてきた。

スケジュール的なところで見れば、

NT ナラティブが2018年公開予定、閃光のハサウェイが2019年公開予定、

ということなので時系列に沿って進めていくことになるんだろう。

物語の内容とか和数とか時間数にもよるけれど、連続して(原作付きとはいえ)新作作っていくっていうのは納期とかクオリティは本当に平気なのか?実際ガンダム UC だって4ぐらいかけて作ってるようなもんだったし、そのうちスケジュール延期とかでそうだなきっと。。。。

でも、こんなスケジュールが実際に正式発表されてくるとなるとそれこそガイアギアとか G セイバーとかありえない話じゃなくなってきたような気がする。

ガンダム新作2018にはクロスボーンは無いのか??

でもここまでやるんだったら普通にクロスボーンガンダムいってくれていいと思うんだ!

あれこそキチンとガンダムF91の続編になってるし、既に何度もゲームにも出てるし、ビルドファイターズにだってクロスボーンガンダムは出てくるから。。

なぜここに手がつかないのかちょっとわからない。単に妥当な線過ぎてインパクトに欠けるというぐらいしかわけが浮かばないんだけどな。

サンダーボルトとかトワイライトアクシズがいまいち盛り上がらなかったから?なんていうわけで今回の企画に至ったわけじゃない、と思いたい。。。。

最後に、

2018年中に公開されるとなればこの後ぼちぼちつお新情報が上がってくるはずなのでまずは待っておきましょう。。

今日はこの辺で。

最後までお読み頂きまして有難うございました。<(_ _)>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする