ういにんぐふみな(HGBF、ガンダムベース限定カラー)はもっとかわいい!

Figure-riseLABO ホシノ・フミナの情報の後に、うぃにんぐふみなのガンダムベース限定カラーバージョンの情報も出てきて『フミナ先輩いい!カワ(・∀・)イイ!!』という気持ちになってきたのでAmazonの予約開始早々に売り切れとなったFigure-riseLABO ホシノ・フミナの方を待ちつつ、うぃにんぐふみなの方をまとめてみようと思います。

うぃにんぐふみなのベースとなった「ホシノフミナ」とは?

ホシノ・フミナとは、TVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の主人公の一人で、ヒロインである(CV:牧野由依)。

聖凰学園中等部3年生で「ガンプラバトル部」部長。イメージカラーは黄色。

活発で少々強引なところもある女の子で、茶髪のポニーテールと中学生とは思えないけしからん?

「スタイル」と「おっぱい」が特徴。

中学生女子でありながら心からガンダムとガンプラを愛する生粋のガノタ。

高機動で十分な火力を持つ支援向きの機体を作ろうと考えたとき、ラルさんから提案された機体(ブルーディスティニー・陸戦型ガンダム)の特性をさくさくと語り、ゼフィランサス、サンダーボルト版ジムなんてものを検討に入れていることから、その知識量はかなりのものである。そもそも、パワード・ジムというゴツくて渋い機体を自機ベースとしている時点で中学生女子とは思えないチョイスをする感性の持ち主。

同じ学校の2年の「コウサカ・ユウマ」とは幼馴染で「ユウ君」と呼んでいる。
幼少期にとある模型店で共にガンプラを購入し、一緒にガンプラバトルをしようと約束していたが、ユウマがとある事情でガンプラバトルを辞めてしまったので、そのことを気にかけている。

物語開始時のガンプラバトル部は、プラモデル部の引き抜き工作などによって部長である彼女一人だけ。。。。公式大会出場には3人の部員が必要なため、メンバー集めに奔走していたところで転校生である「カミキ・セカイ」と出会い、ガンダムもガンプラも一切知らなかった彼に非常に強引な手段?で部の勧誘に成功。その際の成り行きから、ユウマの引き抜きにも成功したガンプラバトル部はチーム「トライファイターズ」を結成。全日本ガンプラバトル選手権へと向けて活動していく。戦略面に長けており、クセの強いトライファイターズの二人を上手くまとめている。

中学生とは思えないほど非常にけしからん?ボディをしている。

制服のときからスパッツ着用だが、それ以上にポイントなのは試合時の服装。。。

「ピッチピチのスポブラと、スパッツに、パーカーを羽織るだけ」

というもの。

健康的なエロさ満載で大変けしからん?との高い評判である。EDでもこれまたエロいピチピチスーツを着ており、前作ビルドファイターズのイオリ・リン子と並んで、大人向けの薄い本では完全にエロ担当となっている。。。

スターウイニングガンダムの説明の前にちょっとウイニングガンダムの情報を入れておきます。

【おさらい】ウイニングガンダムとは?

ガンプラバトル選手権に向けて、フミナが新たに作ったガンプラ。
完全オリジナルの機体であり、前作に登場したキャロラインの騎士ガンダム、アイラのコマンドガンダム、今作のセカイの武者號斗丸、サカイの荒鬼頑駄無に続いて、メインキャラが使用する5体目のSDガンダムである。

個性の強い後輩二人の支援用の機体という前提で作成されており、SDガンダムならではのギミックを数多く盛り込んでいる。

かなり細かく分離・合体する機能を備えており、コックピットにあたる頭部を中心に各パーツを組み替える事でMS形態やブースター形態などに変形し、分離するどのパーツも武装としての機能や推進能力を内包している。

ビルドファイターズトライ 第6話で

その細かく分離する真の意図「ウィニングロード」が明らかになり、パーツ単位で分離した本機が仲間のパーツと合体し、チームメイトの攻撃力を強化する。

ビルドバーニングガンダムには、

胴体が拳と合体し、更に巨大な拳に見立てた「ウィニングナックル」として合体。地面を殴った衝撃波で周囲の小型機を粉砕し、相手の機体を突き破る超質量兵器となる。

ライトニングガンダムには、

ライフルの先端にブースターと脚部が合体。射程と精度を向上させるビーム加速器「ウィニングランチャー」として機能する。

「ウィニングロード」中の本体である頭部は

主翼・レドームシールドと合体して小型の戦闘機となり、バルカンによる攻撃能力を保持しながら戦闘を継続することができる。

……と、ガンプラ(と、HGプロジェクトによる間接規格の共通化)を上手く活用した組み替え機能を満載し、文字通り「自由な発想」をもって組み上がっている。

次にスターウイニングガンダムの説明も。。。

ういにんぐふみなのベースとなった、スターウィニングガンダムとは?

全国大会に向けてフミナが全面改修したウィニングガンダム。

バックパックにはクリアパーツが使用された2基づつ2種類の計4基ファンネル「スター・ビット」を装備し、切断・射撃・バリアと万能なオールレンジ攻撃が可能になっている。
※フミナはノリで発動時に「ファンネル!」と叫んでいるが本来はビット系列の武装。

SDからのリアルモード

パーツを組み替えによる体系変更はSD、戦闘機のみならず、小型のスター・ビットが前腕部、大型のスタービットが脛部に、胴体から小型の頭部がせり出し、残ったSDの頭部がバックパックになることで8頭身体型のリアルモードとなる。

大型兵装も追加

スター・ビット内部のジェネレーターを直結させることで戦闘能力は飛躍的に上昇し、大型の兵装を運用可能となる。また、脚部がそのままウィニングランチャーとして火砲となるなど、文字通りの全身兵器庫となった。

必殺技は額のアンテナから放たれるW字の光線「ウィニングビーム」。またリアルとスーパーの境界を飛び越えた。

お待たせしました(;・∀・)
ようやくウイニングフミナの説明に入らせていただきます<(_ _)>。

うぃにんぐふみなとは?

ガンプラ心形流のサカイ・ミナト製作のガンプラ。

すーぱーふみなと同じくホシノ・フミナをモデルにしたガンプラであり、その後継機として、よりガンプラバトル向けに強化しながらかわいさも強化させた、ガンプラコスヒロインの新エースに相応しい完成度を誇っている(「モビルスーツ少女【MS少女】」とか「アーマーガールズプロジェクト」というものを参考にしていただければ非常にわかりやすいかと思います)。

【参考】MS少女(モビルスーツしょうじょ)とは?

※MS少女っていうのは ↓ な感じです。念のため。

ホシノ・フミナにスターウイニングガンダムを装着させたMS少女の様な外見をしており、さらにその強化装甲は分離合体して『SDすたーういにんぐがんだむ』として使用出来る。
武装はスターウイニングガンダムのものをアレンジして装備するものの、一部表記が変更されていたり、本機独自の武装も存在する。

ういにんぐふみなの登場シーンは、アニメ『バトローグ』の第3話『フミナとギャン子の大冒険』に登場(CV:牧野由衣)。 すーぱーふみなが変身した姿。文字通りパワーアップである。 ベアッガイやプチッガイが住むベアベア村を襲う悪の存在と戦っている。

ういにんぐふみなのガンダムベース限定カラーの発売日など

詳細は公式HPを参照くださいませ。

5月12日土曜日発売予定、価格は2808円税込、

基本的には通常版のういにんぐふみなと変わらないと思われるが、通常盤が黄色ベースのホシノフミナのイメージカラー通りとなっているのに対し、ガンダムベース限定カラーの方は紺色系の少し落ち着いた色合いになっている。

フィギュアライズラボ ホシノフミナも

個々人の好みの差はあると思いますが今回の紺色ベースのカラーリングの方が肌色が映えるような気がするので個人的にはこちらをお勧めしたいと思います。

こっちも待ち遠しいですね。( ´∀` )

今日はこの辺で。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする