RG1/144ザク・マインレイヤーの魅力とは?レビューやリニューアル話など

先日発表されたザク・マインレイヤーもすでに「予約が2次出荷分」という扱いで、その人気の高さを感じさせる。

過去のMSVシリーズのキットでも「ザクの最高傑作」的な評価も聞かれていたザク・マインレイヤーだが、その魅力って何なのだろうか?

ぱっと見た目の印象だけであれば『その特徴的な背中のバックパック』であり、ザクなのに正面とか顔ではなく『あえて背中で語っている』ような雰囲気が、こう男心を妙にくすぐるところはあります。

しかしながら、

特に劇中とかサイドストーリーとかで活躍したという印象が全くないのでその点は何とも不思議なところでございます。

ですので今回はこの『ザク・マインレイヤー』というものについてまとめてみたいと思います。

ザクマインレイヤーとは?

※マインレイヤーとは、

  • 英語表記 Mine layer “機雷(地雷)を敷くもの”の意)。
  • 機雷を敷設する艦艇、もしくは地雷を埋設、あるいは散布する装置、及びそれらの装置を搭載した車両を指す言葉。

ザクマインレイヤーは、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション』(MSV)に登場するMS。量産型ザクII(F型)のバリエーションの一種である(型式番号:MS-06F)。

一年戦争時にザクIIの背部バックパックを機雷(ハイドボンブ)射出機とスラスターを装備した大型バックパックに換装したタイプ。

MS-06Fザク機雷散布仕様の特徴

・プロペラントの増積により通常のMS-06Fの5倍の行動時間を有する。

・大型の散布用バックパックの重量により運動性能は鈍重となっている。

・頭部ユニットとバックパックがケーブルで直結、『通信機能は指揮官機クラス』にまで強化されている。

大戦初期には連邦軍艦艇に大きな被害を与えていたが、

大戦後半にジムが登場すると鈍重な当機の被害は次第に大きくなっていき、活動範囲が狭められていった。

また、ゲーム『機動戦士ガンダム 一年戦争』では、宇宙攻撃軍の拠点ソロモン配備機も登場。これはドズル・ザビ専用MS-06Fを模した機体で、ドズル機の特徴である両肩のスパイクアーマー、濃い縁と金色のエングレービング風のカラーリング、大型ヒートホークの装備が施されている。通常機と指揮官機の2種類がある。

漫画『ゼロの旧ザク』では、ソロモンを脱出したニルス・テオレルらを救助したチベ級重巡洋艦「チェーホフ」を旗艦とした部隊の運用機として複数登場。「チェーホフ」艦長のイリアスの機体にはブレードアンテナが装備されている。

機雷散布という仕様(対艦戦とか)にはあっているけど、対モビルスーツ戦闘では使えないザクという感じなのですね。残念ながら・・・。

そんな所も魅力かもしれませんが ( ´∀` )。

次はガンプラとかプラモデルの視点で見てみましょう。

MG、HG、ロボット魂以外のリニューアルに関する話

画稿の初出は1982年4月に講談社が発行した『SFプラモブック 機動戦士ガンダム』。

プラモデル化された際には、

『バックパックを「製品に付属する一般型用」に換装すればノーマルのザクIIとなる』

という気の利いたオプションに加えて、

プロポーションの改善や旧キットでは再現されなかった可動を実現したリメイク的商品といえる存在

だったとの話。

そのため、「完璧版ノーマルザク」と謳われた。

プラモ狂四郎で出ていたこの天満兄弟の06F ザクⅡもザク・マインレイヤーベースで、話の中でも

「傑作キットのマインレイヤーを使ったのに・・・」

というようなセリフすらあった記憶がある。

話を戻そう。。。。( ´∀` )

後に当キットをベースに06Rの携帯武装を付属させた「シャア専用ザクのスペシャルキット」がキャンペーン用の景品として用意され、ガンプラ購入者に店頭での抽選を行い、当選者に配られたことがある。

一般販売ではないが、

『明確なリニューアルキットとしてHGガンダム以前に存在した初めてのガンプラ』

でもある。

マスターグレードでもザクVer.2.0のバリエーションキットとして発売されている。

サイドストーリーを含めた劇中での活躍が思い当たらないにも関わらず、非常に人気が高いのはこんな過去の逸話も影響しているのかもしれませんね。

個人的にもプラモ狂四郎のエピソードも含めて

ザクマインレイヤー=傑作キットとか完成度の高いザク

というイメージがついていたくらいなので。。。。

こんな視点でガンプラを見たり作ったりするのも面白いかもしれませんね。

今日はこんなところで。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。<(_ _)>。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする