MGジェガンが7月キット化予定!νガンダムにも匹敵する性能でもやられ役?

実は3月あたりに聞いた時は4月エイプリルフール向けのギャグなのかな?と思ったのだが、F91やビギナ・ギナ同様に本当にキット化されるらしい。。。Σ(・ω・ノ)ノ!

ジェガンについてはジム系の後継機ということで、スパロボにもガンプラアニメ(ビルドファイターズやビルドダイバーズ)にも、ノーマル本体もしくはその派生機が登場しているので何気に結構知名度は高い。

どうしてもやられ役というイメージが強いのは仕方がないが、実はカタログスペック上ではガンダムに匹敵するものがあったりするし、ジムシリーズ特有の「やられ役だけど実は高性能 Σ(・ω・ノ)ノ!」というところは外していないのは流石と思う。

個人的には、逆襲のシャアでνガンダムが出てきた時に「実はニューガンダムの部品の大半はジェガンから流用している」というのは知っていたが、後年の様々な作品の中でその都度都度設定が加えられて「ジェガンは実はハイスペックな量産型モビルスーツ」となって、

νガンダムには負けず劣らずの高性能だった?とか、

ガンダムF91に匹敵する?とか、

ユニコーンガンダムより強い?とか、

なんとも訳のわからん情報も出てきているので、この際きちんと情報を整理した上でマスターグレード(MG)ジェガンを楽しみたいと思うので発売前にまとめておこうと思います。

まずは 機体スペックから行きましょう!

量産型モビルスーツ ジェガンとは?

  • 外国語表記 Jegan
  • 登場作品    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア、 機動戦士ガンダムUC、機動戦士ガンダムF90、機動戦士ガンダムF91
  • 分類          汎用モビルスーツ
  • 生産形態    量産機
  • 型式番号    RGM-89
  • 頭頂高       19.0 m
  • 全高          20.4 m
  • 本体重量    21.3 t
  • 全備重量    47.3 t
  • 動力                        核融合炉
  • ジェネレーター出力    1,870kw
  • スラスター推力          12,700 kg×1(バックパック・メインスラスター)、9,200 kg×2(バックパック・サブスラスター)、8,800 kg×2(脚部)
  • 総推力                     48,700 kg
  • アポジモーター数      19
  • 装甲材質                  チタン合金ハイセラミック複合材
  • センサー有効半径      14,200 m
  • 開発                        アナハイム・エレクトロニクス
  • 所属 地球連邦軍         主なパイロット ケーラ・スゥ、ハサウェイ・ノア

U.C.0090年代以降の約30年間にわたり地球連邦軍の主力量産型モビルスーツ。

ジムシリーズとネモの設計が統合され、開発・生産をアナハイム・エレクトロニクスが担当。バックパックの形状や頭部のバルカンポッドなど、ガンダムMk-IIを参考にしたと思われる部分も多い。バイザーの下がツインアイではなくモノアイになっていることも特徴。

従来のジムシリーズより遥かに高性能で、運動性や機動性に優れる。装甲もガンダリウム合金並みの強度があるなど、主力機として申し分ない性能を誇る。

この機体の優秀さから「ジムシリーズ」に代わる「ジェガンシリーズ」として地球連邦軍内で運用され続けることになる。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアでは、

劇中ではロンド・ベルの主力MSとしてケーラ・スゥの最初の愛機。後半ではハサウェイ・ノアがクェス・パラヤを救出する為に無断で本機に乗り込んだが、ハサウェイを助けようとしたチェーン・アギの乱入で失敗に終わり、終戦後は連邦軍に収容されている(この辺のくだりが「閃光のハサウェイ」につながっていく)。終盤では無数の本機とジムIII、さらに敵軍のギラ・ドーガが、νガンダムと共に地球に落下するアクシズを押し戻す為に援護した。

機動戦士ガンダムUCではA2、D型、エコーズ仕様など

第2次ネオ・ジオン抗争(逆襲のシャア)から3年後のU.C.0096年を描いた『機動戦士ガンダムUC』でも主力MSとして運用されており、マイナーチェンジ版であるD型やA2型の他、D型をベースにした重武装のスターク・ジェガンや特殊部隊エコーズ仕様が登場するなどの機体バリエーションの豊富さが強調されている。

※シャアの反乱以後の操縦桿は一時期採用のアーム・レイカーは廃止され、通常のコントロールレバーへと戻された。

ジェガンの存在はやられ役なのか?

ちょっとこの視点でも見てみたいと思います。

機動戦士ガンダムF90、 機動戦士ガンダムF91では、

30年以上後のU.C.0120年の第一次オールズモビル戦役(F90)とU.C.0123年のコスモ・バビロニア建国戦争(F91)でも連邦軍の主力MSである。

J型・R型・M型の3タイプの強化型とされ、それぞれノーマルタイプ・Aタイプ・Bタイプとも呼ばれる。Aタイプは、かつてのνガンダムと同等以上のスペックを持つ など性能は向上しているものの1世代前の機体であることに変わりなく、ヘビーガン等の小型MSが開発された後は徐々に世代交代していくことになる。

『F91』作中ではクロスボーン・バンガードの小型MSには成す術もなくやられてしまっていたが、U.C.0150年代においても警備用MSとなり運用されているらしい。

ガンダムGのレコンギスタでは、

リギルド・センチュリーの時代においては「クラシックコレクション」として博物館にレプリカが保管されている。

どうしても地球連邦軍の主力機として一般兵が搭乗する事が多いため、

(特別仕様を除き)基本的にはやられメカの代表格、である。

MG1/100ジェガンについて

  • 『逆襲のシャア』に登場したシルエットバランスを踏襲し、ずっしりと安定感のあるジェガンを再現。
  • 完全新規造形のMS内部フレームを採用。量産機を象徴する内部骨格を組み立てるだけで再現できる。
  • 左右4種類ずつのハンドパーツが付属。ライフルを構えるポーズからアクシズに取りつく名シーンまで再現可能。
  • 【付属品】
    ■ビーム・ライフル×1
    ■ビーム・サーベル×1
    ■シールド×1
  • 【商品内容】
    ■成形品×17
    ■ホイルシール×1
    ■マーキングシール×1
    ■取扱説明書×1

新規造形ながら全く不安のない安定感!

MGジェガンはいいですね!

ジェガンのスパロボでの存在感

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

「逆シャア仕様の緑のジェガン」と「コンロイが使用するエコーズ仕様のジェガン」が登場。改造するとそこそこ使える。

スーパーロボット大戦X

味方としても敵としても登場。味方のものは『第3次Z』の流用だが、敵のものは『V』のA2型をベースにしているため戦闘アニメが異なる。ケルベスが乗って参入する。

『Gレコ』本編においてはクラシック・コレクションとして登場していたが、本作ではヘルメスの薔薇の設計図から作られた驚異の新型機という触れ込みで、キャピタル・アーミィの新型モビルスーツとして登場する(当然凄い性能という意味ではなく、生産性や操作性の高さ的な意味での『驚異』である)。そしてジュドーから即ツッコミが入り、からくりが明かされるまでは宇宙世紀のジェガンをコピーしたものだと思われていた。

武装・必殺武器

・バルカン砲
頭部右側に装備。ガンダムMk-IIのバルカンポッドを小型化、固定化したもの。地味な武器だが、ギラ・ドーガをシールドごと蜂の巣にするほどの威力を有する。

・ハンドグレネード
手投げ式のグレネード弾。左腰に3個装備。
SRWでは未だに手投げで使ったことがなく、後述のミサイルランチャーと混同していると思われる演出がされている。P武器として扱われる作品が多い。

・ビームサーベル
右腰に装備。本機の唯一の格闘武器。

・ビームライフル
本機のメインウェポン。取り回しを重視した短銃身型となっている。シールド裏にマウント可能。ハサウェイはこの武器でクェスを亡き者にしたリ・ガズィを撃墜、同時にチェーンを殺してしまった。小説版(『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』)では、シャアを倒そうとしたハサウェイのミスでα・アジールを撃墜し、自分自身でクェスを殺してしまった。

・シールド
シールド内にミサイルランチャーを内蔵。なお、ハサウェイが乗った本機には装備されていない。

・ミサイルランチャー
シールド内に2連装の発射口を2基内蔵している。

・シールド
A2型が持つミサイルを増設した新型シールド。

・ミサイルランチャー
シールド内に4連装の発射口を2基内蔵している。

・ビーム・ライフル
ハイザックやマラサイと同型のビームライフル。シャイアン基地に配備されていた機体が使用。

・特殊能力
剣装備、盾装備、銃装備
切り払い、シールド防御、撃ち落としを発動。

・移動タイプ
陸・宇

・サイズ
M

ジェガンの追記情報 ※2018年5月15日時点

静岡ホビーショーでMG1/100ジェガンの現物見本を見てきましたが、かなり良い出来でした!F91、ビギナ・ギナも良さげでしたね!そんな期待感で過ごしていたら、予想よりも早い次展開が出てきました。

HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン

HGで、プレバンですが、このタイミングで偵察仕様が出てきました。

5月がF916月がビギナ・ギナ、7月はジェガン、8月はEWACジェガン、

良いペースでの発売スケジュールじゃないでしょうか。

ジェガンといえばベースジャバー

※写真は5月の静岡ホビーショーのときのです。

ジェガンシリーズが続々と ※2018年9月20日時点

プレバン公式サイトでは、

↓こんな感じになっております↓

根っからの量産型だけに、一度リニューアルで新規造形されるとシリーズ展開早い!

この辺は本編もガンプラも一緒らしい。。。。( ´∀` )

今回はこんな感じで。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする