【ガルパン】もっとらぶらぶ作戦です!最新刊11巻はお母様と進路?感想レビュー

11月のあんこう祭り終了して3日ほど経ち、戦車道ノススメと同日発売となった『もっとらぶらぶ作戦です!最新刊11巻』。劇場版公開からちょうど3年ということも踏まえると何気に長期連載なシリーズ。

満を持してのお母様方の登場となりました。

ここまで広げても世界観やイメージが崩れないのはさすがかと。

それではいってみましょう。

表紙カバーを外したら、みほの夢?

イメージとしては、みほが眠る前の『島田愛里寿の大人バージョン』

と、実際に見た夢の『あんこうチームのお母様バージョン(一部おばあさま?)』

ということなんでしょうか( ´∀` )。

武部殿のお母さんは当然出てないので多分みほの想像ということになりますが、

結構こんな感じであってそうな気がする。

それにしても、

愛里寿の大人バージョン、ちょっとミステリアスな美女

という感じで、これも実にいいですね!

最新刊は基本的にシニアさんチームが大活躍!

表紙は表も裏もかなり平均年齢のき〇らジャンプしてますが、中身の方ではもっとすごい活躍をしております。

まああの娘たちのお母さんなので少しも違和感ありませんが、進路とかお金とかコメディタッチながらも若干生々しい話が出てきているのが特徴かなと。

冷泉真子のおばあが最高かとw


なんといってもまこのおばあさまが最高すぎるでしょう!

とにかく弾けまくってます。

おそらく本編ではこのような立ち位置になることはないと思いますが、ここまでネタにしてもキャラが崩れないのはさすがの存在感と言えるでしょう。

秋山夫妻はノリ良すぎw

お母様だけじゃなくてお父様の方も出てきている稀有な存在。

それゆえに展開を広げようと思うとこのお父様の存在は意外と重要なのかもしれない。

このシーンは当然コミックスオリジナルの設定だと思われるが、なんかこれが本編設定だとしてもそれはそれでいいかと思えてしまうあたりがなんともいえん。

武部沙織の家族もそのうち出て欲しい

あんこうチームの中で唯一家族が顔出ししていない武部沙織ことさおりん。
可能であれば最終章のうちに武部沙織の家族も出てきてくれないかなと。たぶん予想で行けば一番普通の家族な気がする。ただお父さんはすごく娘好きそうだなっていう 。

進路は大学進学⇒プロリーグ?お金は強し?

一見ただのネタのようにも思えるが大洗女子学園、特に

あんこうチームの実力を考えればこのぐらいの勢いでスカウトが来ても全然不思議じゃないんだよなぁ。

西住みほの車長・隊長としての指揮能力があったとはいえ、社会人チームをも倒す大学選抜を相手にあそこまで戦えれば間違いなく実業団や各大学がスカウト対象にするハズ。

新生バミューダの話も非現実的じゃない気がしてきたよ。

「ちよきち」かわいい!

上記の動きに対応した、西住しほママの言動がこれ。
結構本気で怒りながらもスンナり治るのも早いところに付き合いの長さを感じてしまう。

こんな感じの「しほ」「ちよ」もなんか可愛いげがあっていいなあ。

知波単はなんだかんだと皆仲がいい( ^ω^)・・・。

最初は突貫の次は切腹かと思ったがポチとしてはなんてことなく平和に終わる。。。

それにしても知波単はこのノラクロっぽい画風が実にはまる。

継続=フィンランドといえばサウナですね( ´∀` )

最終章でワンカットしか出てないのに、継続=サウナになっちゃってるよな。

まあ肌色面積が増えるので受けもいいだろうが、カンテレについても色々とネタにされるのでこのぐらいのオリジナル要素をつけられても全く違和感がない。

ミカは大きい・アキとミッコは小さい!見たまんまといえば見たまんま。

バミューダトリオの昔のコスプレも観れる!


アズミ⇒BC自由学園、メグミ⇒サンダースはまあまだ想像がつく範囲だとして、

ルミ⇒継続は一体どんな感じだったんだろうか、いまいち想像つかない。

で多分、、、、

作者の弐尉マルコ先生もそんな感じだったのか、ミカから逆算してあんな感じの服装を描くという結果になってしまったのでしょうか・・?

ミニペコちゃんがんばる?

ほっこり癒されるミニペコちゃんコーナー。なんだかんだで安定して続いてる。

西住流と島田流に関わる蝶野教官の存在感?

これなんかは実際サイドストーリーで描かれたら面白そうな気がするなあと思うところ。
お母さん二人の戦車道業界での立ち位置を考えたら、実際こういう話があっても不思議じゃないんだけど、 まほ・みほ・愛里寿が幼い時に会っていたとしたら面白い話だよね。

両方の戦車道師範に関われる蝶野教官て、何気に凄い立ち位置だよなぁ。

それこそ妄想膨らませると、両方の戦車道流派が世代交代する頃には蝶野教官が戦車道業界のトップとかにいるんじゃないかな?って気がしないでもない。

幼い「まほ」が頑張ってお姉ちゃんしてる姿が何とも可愛い!

弐尉マルコ氏のあとがき

今回はこんな感じで。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする