2019冬アニメはきらら枠なし?継続・再放送含め曜日別番組表一覧

2019年平成最後の冬が始まり約2週間、今期冬アニメもそろそろラインナップが見えてきた時期かと思います。ちょっと今期はこれまでと違った傾向が見受けられてきたのでその辺も含めて思うところを書き記しておこうと思います。

※印は継続もしくは再放送

それでは行ってみましょう。

日曜日 継続・再放送でとても手堅い日曜日

※HUGっと!プリキュア(2月からスタートゥインクル プリキュア)

※ゲゲゲの鬼太郎6期

荒野のコトブキ飛行隊

※ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?

ハグプリもうちょっとで終わってしまう寂しさもありながら、そうは言っても一番手堅いのがこの日曜日の編成。

そんな中に一つ入っている「荒野のコトブキ飛行隊」

ガルパンの水島監督が作っているということもあって期待値はすごく高い。キャラクターやレシプロ機などのメカニック系もきちんと作り込まれてる印象があるので後はストーリーに期待するだけかなと。

久しぶりにダンまちみたら、やっぱりヘスティア様は可愛かった。

月曜日 バラエティに富んでいる月曜日

みにとじ

どろろ

エガオノダイカ

※転生したらスライムだった件

ぱすてるメモリーズ

上野さんは不器用

けものフレンズ2

ブシロード系のみにとじ、タツノコプロのエガオノダイカ、転スラ、どろろ、ある意味とっても話題作な『けものフレンズ二期』までとてもバラエティに富んでいる。

エガオノダイカ、

近年のタツノコプロ系の「他とは違うちょっとベクトル」+「高いクオリティ」という点に関して期待は高いものの、話の展開が面白いかはまだちょっと読めていない。ここから女の子二人がどう主人公になっていくのかがポイントかな。

けものフレンズ二期、

たつき監督が外されてフレンズたちの動物観がちょっと減った気がしないでもない 。良し悪しはもうちょっと見てから判断したいなー。

火曜日 イチオシ!各種美少女が満載の火曜日


※アイドルマスターシンデレラガールズ劇場

サークレット・プリンセス

私に天使が舞い降りた!

臨死!江古田ちゃん

今期始まるまではあまり期待してなかった火曜日が実は結構よさげな気がする!

正統派なシンデレラガールズ劇場、バトル系のサークレット・プリンセス、そして一番面白い私に天使が舞い降りたラストは江古田ちゃんでちょっとテンションを落ち着かせる。

なんかちょっといい流れになっている火曜日。

わたてんの上田麗奈(うえしゃま)が前期グリッドマンのアカネ役とはまた違ったいい味を出してくれている。

最近のうえしゃま、本当に面白い役をやってくれるのでいいなあ。

水曜日 時代の変化を感じさせる水曜日

※キラキラ☆プリキュアアラモード

ケムリクサ

バーチャルさんは見ている

盾の勇者の成り上がり

※この素晴らしい世界に祝福を!

バーチャルアイドルから転生ものがメインで構成されている水曜日。

転生ものとかなろう系とか色々沢山出てきたが、ここに来てようやく作品の出来不出来を比較できるようになってきた気がする。

盾の勇者の成り上がり、

主人公がかなりかわいそうになるくらいは落としっぷりだったがここからデストロイな感じで話が進んでくれたら神作になると思うんだが、中途半端に解除されて正義の味方っぽくなっちゃったら存在価値薄れそうだな、という気がする。

最近のバーチャルアイドルとか V チューバーの状況を見ていると、かつてのアニメ声優番組を見ているような感じがする。どういう風な扱いで番組作り作品作りをしていくのか模索しているような印象があるなぁ。まあ今となってはアニメ声優が番組司会を持ってトークとかやってくのが普通になってるのでその辺もこなれていけばまた変わるのかもしれない。

木曜日 数こそ少ないが良作しかない木曜日

※からくりサーカス

バンドリ!2ndシーズン

ガーリー・エアフォース

五等分の花嫁

今期の木曜日4つしかない(笑)。

以前は木曜日金曜日はアニメ予約だらけだったのだが、でも4つとも良作感。

からくりサーカスは言うまでもなく、バンドリについてはロゼリア推しになりそうだが個人的にはパステルパレットの方が見たくてしょうがない。

ガーリー・エアフォース、

なんとなく明るめな展開の「イリヤの空」を見てるような気がしないでもないが、飛行機(女の子)が増えてくるともっと違ってくるんだろうかな。とはいえ荒野のコトブキ飛行隊と合わせて空戦飛行機系の作品なので是非とも期待したいところであります。

五等分の花嫁、

とにかく声優陣が豪華!人気の女性声優を5人+男性は松岡氏。。。。

どっかのVRMMO作品みたいな布陣になっております。EDは内田彩で隙が無い( ´∀` )。

金曜日 バトルが熱い金曜日

※とある魔術の禁書目録Ⅲ

※ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

デート・ア・ライブⅢ

魔法少女特殊戦あすか

インデックス3期とか黄金の風は言うまでもないが、デートアライブとアスカの方もバトル的に期待したいところはある。デート・ア・ライブ既に1話目にして作画崩壊の予兆が見られるんだが大丈夫だろうか?

魔法少女特殊戦あすか、

魔法少女テイストというよりも古強者・傭兵の物語という感じなんだろうか。

あすかの「戦いの方から追いかけてくる」ていう台詞を聞くと「ボトムズのキリコ・キュービィーか?」とちょっと思ってしまった。( ´∀` )

土曜日 一番豊作だよ土曜日

※ゾイドワイルド

※新幹線変形ロボ シンカリオン

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

※ソード・アート・オンライン アリシゼーション

※ハイスクール・フリート

えんどろ~!

ゾイドワイルドとシンカリオンは手堅い。さらに夜は「SAO」 に「はいふり」と安定感。

えんどろ~!

きらら系ぽい作品だなあと思いつつ、なんだかんだ確実に視聴すると思う。

かぐや様

配役の声優陣がキチンとハマっているということに加えて、話の展開や作画感も非常に良い。

そしてなんといってもオープニングに鈴木雅之を起用すると。。。凄すぎでしょ。

継続・再放送はどうだろうか?

32作品中13作品が、継続もしくは再放送の作品。

実際に今回はチェック対象から外してるものもあるのでアニメ作品中の継続及び再放送率が上がってるなぁというのはデータ上からも感じている。

約4割が継続及び再放送になるとは2年前ならちょっと考えなかった話だなあ。

もしかして自分、年取っちゃった?まあ好きなものを主張していくのがベストだと思うのであまり気にしないでおこう。

豊作・不作で言うとどっちだろう?

ひと頃よりは落ち着いてきたこのキーワードだが、今期のアニメ平成を見る限り豊作ができやすい土壌にはなってきたと思っている。

それはなぜかと言うと、

数をたくさん作ることも大事だがそれなり以上のクオリティのアニメを作ろうと思えばやっぱり手間も時間もかかるはずなので、かつてのように週当たり40作品も60作品もリリースしてたら疲弊もするはずだし。

新作と継続・再放送が半々ぐらいになってくれば、

新しいものも作られるし・人気のあるものは継続したり再放送したり二期作品が作られたりするのでユーザーとしても製作・販売する側にしてもメリットが得られる部分は大きいと思うんだ。

今回はこんな感じで。

最後までお読みいただきましてありがとうございました<(_ _)>。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする